iPhone 5が出たときはiPhone 4/4sの大きさの方が良かったと思った派なので、iPhone 6 Plusはもとより、iPhone 6でも大きすぎるんじゃないかなぁと思っていた。

特にiPhone 6 Plusは一見してデカすぎではないかという不安があったけど、経験的にモバイルガジェットは大きいのを選んだ時により良い体験ができる印象があるので、今回は何かに期待してPlusをチョイス。

使ってみてすぐにこのサイズは大アリだと感じた。

まず、やたら見やすい。そして使いやすい。小さい画面だと指で画面が隠れてしまって、UX残念ということがあるけど、このサイズなら余裕がある。

iPhoneはいつもジーパンのポケットに入れているけど、Plusでも問題なく同じように入る。携帯性が変わらないのなら大きいほうがいい。

デカいぶんだけ持ちにくくなったのは確かで、特に片手がふさがっているシーンではちょっと不便を感じることがある。片手で操作したい人には問題外だろうけど、僕は元々スマホの片手操作は苦手なので両手操作で不満はないし、ページのスクロールくらいなら片手でもなんとか操作できる。

手の大きさとか、ポケットに入れるのかどうかとか、このサイズが良いかどうかは人によると思うけど、個人的には中途半端に大きいiPhone 6を選ぶよりも良かったと思っている。

まだこの画面サイズにネイティブ対応したアプリが少なく、拡大表示されてダサくなってるものが大半なので、今後大画面向けに調整されたアプリが出揃ってきてから再評価してみてもいいでしょう。

ちなみに性能UPしたカメラで最初に撮った写真は自炊の牛丼でした。。

iPhone 6 Plus