伝説のドライスーツ、ついに進水!

大瀬崎

フロントファスナーは慣れるまで器材背負う時に結構あちこちひっかかって大変かもしれません。その点が問題なければ自分で開けられるというのはやっぱり便利ですね。

シリコンシールは快適。シェルドライは初めてなのでラテックスシールとの比較はできないけど、ネオプレーンと比べると脱ぎ着が楽だし、締めつけ感も少ない。

さらに今回カメラはTG-4で外部ストロボなしのお手軽装備で潜りました。

このカメラ、望遠にしてもレンズがせり出さないので内蔵ストロボでも綺麗に撮れますね。マクロコンバージョンレンズも必要ないし、素晴らしい。

大瀬崎

湾内は視界がだいぶ悪かった。特に雲で日が陰るとナイトダイビングのような暗さに。

迫力のオオモンカエルアンコウは少し移動してまだ鎮座していました。

大瀬崎

詳細ログ: