CSJの調査によると、インターネット利用者の女性の割合が30%になったらしい。2~3年前なら、女性と言えば、いわゆるネットオカマというのが当たり前だったが、今では女性の名前の人は、疑うまでもなくほとんどが本物の女性ということですな。あー、そんなに居るんなら、拙者もいい出逢いがあってもいいもんだ。