プロジーが発売している「DivXコンバータ」に、GNU GPLのソフトが含まれている疑いがあるのだそうだ。そういえば、GPLのソフトを使って商用ソフトを作って何が問題なのか。実は分かっていない人も結構いるのではないだろうか。「オープンソースの活用でコスト削減」と良く言われるが、これを拡大解釈して「オープンソースは自由に使えるライセンスだから、このソフトをベースに作って売れば楽々」とか考えてしまうのかもしれない。しかしGPLというのはオープンだが自由ではない。GPLはオープンを強要するために、実は非常に厳しいライセンスなのである。「煮ても焼いても自由だが、利用した場合は、出来上がったソフトも同じライセンス(つまりGPL)で配布しなければならない」のだ。軽い気持ちで使うと、とんでもないことに。オープンソースのライセンス形態には、GPLのほかに、Apacheライセンス、BSDライセンス、など色々ある。これらはGPLよりも緩いライセンスだ。安易に使う前にライセンスの内容をよく確認してほしい。

で、どうでもいいけどプロジーのロゴとゲームキューブのロゴが激似。(ゲームキューブのほうが後発)