とりあえず遊びで自宅マシンにLinuxデスクトップ環境を作ってみるテスト中。ディストリビュージョンはDebian GNU/Linuxに決定。Red Hatは仕事で使いすぎだってのもあるが、どうせならオープンソースにこだわってみたい。ちょっと実験環境でテスト導入してみたあと、現在本番のHDDの準備作業中。しかしRed Hatのようなヌルいものばかり使っていたので、Debianのインストーラはかなり懐かしい雰囲気。っていうかNICが認識しなかったりするとかなりハマれる。しばらくヌルい環境ばかりだったんで、自分もすっかりヌルくなってるし。これはいかん。

最近Windowsを使っていても何か作ってみたいという気にならない。ほらあれですよ、昔はPC-9801一色だった時代に僕らはあえてX68000だったわけです。そこには常に「創造力」をかきたてる何かがありました。あれから10年。その感覚が薄れつつある今、あの時のようなステージを探す旅に出たいのですよね。