rubydoc先日公開したRubyリファレンスマニュアル(るりまビューア)、想像を超える大きな反響でした。生まれて初めてのはてブトップページ入りなど経験。なんだ、やっぱりみんなこういうの欲しかったのか。

でも自分は、他人が作ったドキュメントにちょろっとUIをくっつけただけなんで、恐縮です。

そもそも自分で使うツールとして作ったものなので、すぐにダウンロードできるアーカイブ版るりまの1.9.2を使っていたのですが、一夜にして自分ツールの範疇を超えて、とても多くの人に使ってもらえるようになったので、1.8.7版と1.9.3版も用意しました。ついでに1.9.2版も最新のるりまにアップデートしました。

サクサク引けるRubyリファレンスマニュアル
http://miyamae.github.com/rubydoc-ja/

Rubyの敷居がちょっと低くなることで、1人でも新しいRubyistが生まれるきっかけになれば幸せです。