今使ってるMid2010のMac miniは、元々iPhoneアプリ開発を試してみるために買ったのですが、いつのまにかすっかりWindows PCを使わなくなって完全にメイン業務マシンとなっています。

だいぶ使ったので、今回の新製品発売を機にアップグレードすることにしました。

新しいiMacに惹かれつつも、冷静判断でデュアルモニタのほうがいいのでまたMac miniを選択。Mid2010の時はほとんど最初のMacだったのでとりあえず最小構成でお試し購入でしたが、今回は用途を考え少々リッチ構成で。

CPUは2.6GHz Core i7。DiskはFusion Driveを選択。SSDが快適なのは明らかなんだけど、256GBでは全然足りないので、新テクノロジーのFusion Driveをわくわくしながら試してみます。そしてメモリは純正オプションだと割高なので、デフォルトの4GBを選択して、別途16GBを用意。これだけメモリがあればVM使い放題なので楽しみです。

Time Machineから復元はせずに環境作りなおしてみます。今までMacPortsでしたが今回はHomebrew環境にしてみようと思います。

http://farm9.staticflickr.com/8480/8157066621_a1dba8ae7b.jpg