今までUSB接続のHDDにTime Machineしていたけど、今回Time Capsule (3TB) を買ってみました。

IMG 2153

Macを使うようになるまではこの製品のことをよく知らなかった。簡単に言うと、これを置いておくとWi-Fi経由でMacのストレージを全自動でいつの間にかバックアップしてくれてる。という手間いらずのバックアップ装置です。…というのが表向きですが、実際にはWi-Fiルータ製品であるAirMacファミリーの1つなので、当然Wi-Fiルータとしても使うことができます。今回の新型はIEEE802.11acに対応したので、同じく11acに対応したMacBook Airのアクセスポイントとして使うことで、ギガビット無線LAN環境を利用できるようになります。

価格がちょっと高いような感じもするけど、HDDなしのAirMac Extremeが19,800円。2TB内蔵のTime Capsuleが29,800円なので、他社の802.11ac対応のWi-Fiルータの定価程度という感じです。

ルータとしての基本機能は十分だと思うけど、ただ他社の高機能ルータと比べると付加機能的には劣るところもあって、例えば個人的にはよく利用しているPPTPサーバ機能がないので、ルータとしては引き続きAirStationを使う予定。