11速となった新型アルテグラが発売されたので、これを機にフルアルテグラの新車が欲しいです。

…というのは夢でしかないので、中古流通が増えるであろう旧型パーツを手に入れて、今の自転車を最高のコスパで旧式フルアルテグラ車にするぞ!という計画でずっとヤフオクをウォッチしておりまして、この度STIレバーST-6700を入手しました。完成車からの取り外し未使用品。

ST-6700

ケーブル全交換で組み付けました。旧型105 ST-5600からのアップグレード。これで遂に僕もフルアルテグラ車のオーナー( ・∀・)ヤッタネ!!。このレバー以外は2世代前の6600系だけどね。

いまさら旧型のレビューを書いても意味ないけど、一応感想など。

ブレーキレバーの引きはケーブルを繋いでいない状態でST-5600と比べてみるとST-6700のほうが圧倒的に軽くてさすが上位グレード。という感触だったけど、単にバネが弱く設定されているだけかな。実際組み付けてみて特別軽くなったという感じはない。ティアグラから105に換えた時は結構違いを感じたけど、これ以上はケーブルの性能というところでしょうかね。

ブラケットは正直ST-5600のほうが細身で握りやすかった。慣れもあるかとは思うけど、手が小さい人には向かないでしょうね。新型ST-6800では細身になっているようなので、やはり不評だったのかも。太めだけどコンパクトになっているので、前傾姿勢でブラケット上部をがっしり握る「第3のポジション」も使いにくくなってしまっています。

とは言え、そろそろレトロ感すら醸し出し始めていたシフトケーブルの「触覚」が無くなることにより、一気に今風のロードバイクに変身しました。この自己満足度は非常に大きいし、これだけで十分です。カッコヨイ。

P8104448

薄手のバーテープを上巻きでスッキリ仕上げ。