消せるボールペン「フリクションボール」いいですよね。昔、ゲラ校正用に消しゴムで消せるタイプのボールペンを使ったことがあるけど、あれはあまり綺麗に消えなかった。でもこれは鉛筆並み以上に綺麗に消えるし消しゴム不要というのがすごい。もはや鉛筆の存在理由が分からなくなる。数百年の歴史を誇る鉛筆の存在を脅かす文房具ってすごい。

しかし高温で文字が消える仕組み(冷凍庫に入れると消した文字が復活するとか)なので耐久性は皆無。やはり用途としてはボールペンというより新世代の鉛筆ですね。なので普通のボールペンを使いたい事も多いから「これ1本で」というわけにはいかないのが残念。そこで「多色モデルの芯を1本替えたらいいんじゃね?」と、誰でも思いつくようなことを思いついたのですが、やってみたら芯の太さが違っていて刺さらない。これは残念すぎる!

そこで諦めずに適当な油性ボールペンの芯のお尻に切り込みを入れてみたら無理やりですが入りました。ノックの動きが少し不安定だったけど、切り込みを入れたあとセロテープを巻いて補強してやったらいい感じになりました。これは余ってるボールペンがあればお勧めのハック。

フリクションの黒+赤+普通の油性黒、という感じで、これ1本で生きていけます。高級モデルのフリクションボール3ウッドを愛用しております。

P9304691