普段Xcodeは使わないんだけど、スマホ向けWebページの表示チェックにiOSシミュレータを使いたいことがある。

iOSシミュレータは単体のアプリではなく、Xcodeのパッケージ内に入っている。普通に起動するにはXcodeを立ち上げる必要があり面倒くさい。直接起動したい。

場所は「アプリケーション」の「Xcode.app」をFinder上で右クリック。「パッケージの内容を表示」して、「Contents/Developer/Platforms/iPhoneSimulator.platform/Developer/Applications/iPhone Simulator.app」にある。

頻繁に使うなら実行した後、Dockに追加してしまえば良いでしょう。

でも僕はDockではなくて「アプリケーション」の中に入れたい。

と言っても、このappをコピーしてきてもうまく動作しない。そこでシンボリックリンクを張ってみる。

% ln -s /Applications/Xcode.app/Contents/Developer/Platforms/iPhoneSimulator.platform/Developer/Applications/iPhone\ Simulator.app /Applications/iOSシミュレータ.app

ところがシンボリックリンクだとSpotlightから起動できない。僕はSpotlightから起動したいので、シンボリックリンクはやめた。

そこでiOSシミュレータを起動するだけのアプリを作る。

と言っても簡単。「AppleScript エディタ」を起動して次のコードを書く。

tell application "/Applications/Xcode.app/Contents/Developer/Platforms/iPhoneSimulator.platform/Developer/Applications/iPhone Simulator.app" to activate

201405applescript ios sim

メニュー「ファイル」→「書き出す」で「ファイルフォーマット」を「アプリケーション」にして保存する。これでアプリ完成。

ついでに、書き出したアプリのContents/Resources/applet.icnsをiPhone Simulator.appのContents/Resources/simulator.icnsに置き換えておくと、アイコンもいい感じに!

あとはこれを/Applicationsに置いておけばSpotlightからも起動できるよ!