AirMail.appを使っているのだが、メール作成中にうっかりCmd+Enterを押してしまって書きかけのメールが送信されてしまう事故が頻発して困る。

AirMailではキーバインドの変更ができないようなので、…いや、もしかしたらできるのかもしれないけど、今回はKeyRemap4MacBookを使ってCmd+Enterを無効にする。

特定のアプリのキーバインドを変更あるいは無効化する方法なので、他にも使う機会があるかもですね。

KeyRemap4MacBookの設定画面を開いて、「Misc & Uninstall」タブの「Open private.xml」ボタンを押す。

KeyRemap4MacBook

Finderが開いて、private.xmlがある。/Users/USERNAME/Library/Application Support/KeyRemap4MacBook/private.xmlです。このファイルに個人用の設定を書く。

<?xml version="1.0"?>
<root>
  <appdef>
    <appname>AIRMAIL</appname>
    <equal>it.bloop.airmail</equal>
  </appdef>
  <item>
    <name>Disable Cmd+Enter (only AirMail)</name>
    <identifier>private.airmail.disable_cmd_enter</identifier>
    <only>AIRMAIL</only>
    <autogen>
      __KeyToKey__
      KeyCode::RETURN, MODIFIERFLAG_EITHER_LEFT_OR_RIGHT_COMMAND | ModifierFlag::NONE,
      KeyCode::VK_NONE,
    </autogen>
  </item>
</root>

appdefで識別するアプリを登録しているが、ちなみにここで指定するit.bloop.airmailはEventViewer.appのAppタグを開けば見つけることができる。

EventViewer

設定を書いたら「Reload XML」ボタンを押す。そうすると追加した設定が現れる。

KeyRemap4MacBook

ここにチェックを入れれば完了。