常に攻撃にさらされ続けている感じなWindowsに比べると、Macをターゲットにしたマルウェアは圧倒的に少ない。ということで、Macにはウイルス対策ソフト入れてなくてもあまり問題にならない、みたいな雰囲気はあるのですが、本当にそれでいいのでしょうか?…こういった不安はライトなMacユーザーからも度々相談されたりします。

自分のMacが被害にあわないとしても、感染したファイルを知らずにWindowsな人に送ってしまう、とかまずいですし入れておいたほうがいいですよ。AVASTとかAVGとか無料のものがいくつかあるので、最低それくらいは入れておいたほうがいい。

僕はClamXavを使っていました。最近アップデートしようとした時に気付いたんだけど、これいつのまにか有償化されていたんですね。

これを機に有償ソフト含めて乗り換えを検討した結果、ESET Cyber Security Proを購入してみました。ファミリーセキュリティだとWindows/Mac合わせて5台までインストールできるので、複数台Mac&仮想Windows環境には都合がいいです。

ウイルス検出だけじゃなく、パーソナルファイアウォールやフィッシングサイト警告などの機能も含まれています。今のところ概ね快調ではあるのだけど、唯一問題が出たのが、Rackの開発用アプリサーバであるPowをxip.ioと組み合わせた時にパーソナルファイアウォールにひっかかって動作しなかった。個人的にはこれがちょっと困る。

ということで、これを通すルールを追加します。Powのプログラムに限定させたいところだけど、残念ながらうまくいかなかったので、とりあえずポート20559へのローカル接続を許可する設定にします。

  • アプリケーション/サービス: すべてのアプリケーション
  • アクション: 許可
  • 方向: 内向き
  • プロトコル: TCP
  • ポート: ローカル
  • ローカルポート: 20559
  • 宛先: ローカルネットワーク

ESET Cyber Security Pro