24歳の誕生日をむかえて間もない、1998年10月15日、有限会社ビットアーツを作ったのでした。早いものでそれから20年が経過してしまいました。当時はまだ多くなかったWeb専門のシステム開発会社としてスタートして、そして20年後の今でも同じことをやっています。丸受けの受託開発を請け負いつつ、オリジナルの製品/サービス開発にチャレンジしてきました。主に使うプログラミング言語はPerl、Java、PHP、Rubyと変わってきましたが、今でも変わらず毎日プログラムを書いています。

そういえば以前、ここまでの振り返りを書いたのでした。

「やめなければ続く」とだけ考えて続けてきたのですが、始めた時はここまで続くとは考えていなくて、もっと気軽にスタートしてしまった感じでしたね。ピンチになってもあえて他の選択はせず続ければ続けるほど、絶対にやめない、という気持ちがだんだん強くなっていきました。

この3年ほどは新しく設立したラグルに主にコミットしていて、ビットアーツとしての活動はセーブしているような状況ですが、ビットアーツをやめるつもりはなくて、一段落したら再開する気満々です。

少なくともあと20年は続けるかな。これからもよろしくお願いします!