個人向けの光ファイバー接続が登場した頃は、100Mbpsをうたいながらベストエフォートで実質10Mbps出るか出ないかというくらいだったですかね?詐欺みたいだと思いながらも、実用上は十分高速で不満を感じることもなかった。ADSLのベストエフォートはもっと酷かったし。だけど4K動画やゲームなど巨大なコンテンツをダウンロードする時代になり、依然としてより速いに越したことはないですね。 今回自宅の引っ越しをするまで知らなかったんだけど、これまではなんだかんだ最終的に電話回線の銅線を通っていたのが、今では宅内まで光ファイバーを引き込んでもらえるのですね。これはちょっと、いやだいぶ感動。

フレッツ光 ギガラインタイプ

かくして新居では、ベストエフォート200Mbpsで実測170Mbpsくらい出てびっくり。「理論値速度は本当にあったんだ!」 十分速いのですがせっかくなので、フレッツ光の「ハイスピードタイプ」から「ギガラインタイプ」にプラン変更してみました。 結果、iPhoneで無線接続でも400Mbpsを超えてきました!

フレッツ光 ギガラインタイプ

大満足だけど、このくらいの速度になると、無線LANルータの性能もかなり影響が出てきそう。ルータ買い替えたくなった。 あと、IPv6 IPoEを試してみたくなった。