小規模システムでJavaを使えないかと2年ほど試行錯誤してきましたが、あまり結果を出せないうちに、またスクリプティングな世界に戻ってしまいそうです。

やはり小回り、融通の利きが違う。これは生産性だけの問題ではなくて、カットオーバー後にリモートメンテで緊急対応しなきゃいけない時とか、Javaだと開発環境が整っていないとかなり面倒だけど、スクリプトならいつでもどこでも直せるとか。Apacheだけあれば良くて構成もシンプルで応用しやすい。どんなにJavaの開発生産性を向上させたところで、やはり自分の仕事のスタイルを考えると、スクリプトのほうが有利かもなあ。

RubyでTapestryをもっとシンプルにしたような、超単純フレームワークを勉強がてら作ってみてるけど、基本部分は、超スッキリ書けちゃった(もうちょっとまとまったら公開します)。なんか無理してJavaで頑張ろうとする必要もないなぁ。うーん。もちろんTapestryを知らなければ理想的なフレームワークなんて思いつかなかったはずなので、Java技術のウオッチは絶対必須なのだが。あとはお客さんがRubyでいいよと言ってくれるかどうかですが。