ESCAPE R3ママチャリとスポーツ車の決定的な違いと言ったらあれだ。変な形のハンドル。これに尽きる。ということで付けてみましたバーエンド。ちょっと大工事なので部屋に持ち込んで取り付け。これが付くとすごいよね。やけに偉そうになる。っていうか、ちょっとフレームのサイズが小さめなので、前傾姿勢をとりやすくするために付けてみたわけです。だったらもうちょっと長いのでも良かったのかも。(次はステムの交換を検討)

ついでに色々付けた。まずミラー。これは先日の越谷行きの時に付けたものだけど。変なの付けるとかっこ悪いし、小さいと役に立たないし、ということで、かなり試行錯誤しました。今のものは結構満足。あとボトルケージ。車体にこれを取り付けるためのネジ穴があるということを知ってしまって、自転車が付けろ~付けろ~と訴えているような気がしたので付けてみました。というか飲み物を荷物の中に入れてしまうと、信号待ちの短い時間で飲むことができず不便だったので。500円の安物ですが。あと小さいサドルバッグ。これはライト、工具、パンク瞬間修理剤なんかの最低限の常備品を入れておくため。

雨の日は電車通勤なので、ついつい、出勤にみせかけて新宿まで電車に乗って自転車屋に行ってしまう。経済的事情で、あまり車とかはいじれないけど、自転車のパーツは手ごろなので、ついつい…。

んが、なんかテールライトのブラケットの爪が壊れることに気づいた。外せない!電池交換できない!んーむ、とりあえずサドルバッグに反射材付いてるから、このへんの小さいフラッシュライトでも買うかな。

そしてはじめての空気入れ。重っ!さすがにママチャリとは圧が違うからかなり力仕事ですね。大きいポンプ買って良かった。

よし、明日は天気よさげだな。

コメント

2005/3/29 15:47 from さとう

で、ある日気づくんだ。
「あ、ドロップハンドルっていいな」
って・・・・・・。

ところで今日は晴れのち曇り・気温17度じゃなかったのかと問いたい。

2005/3/29 16:01 from みやまえ

天気予報を信じて走り出して100mほど行ったところで、やっぱり急に信じられなくなって引き返して電車で出勤しました。

2005/4/ 1 03:07 from 大槻昌弥

バーエンドをつければ、幾分姿勢を変えられるので、少しは乗りやすくなるかもしれないが・・・

やっぱしドロップハンドルみたいには機能的ではないので、バーエンドつけたところで所詮一文字ハンドルは一文字ハンドルにしかすぎず・・・やっぱし長距離や登坂は辛い。

ドロップは何処を握ってもブレーキレバーに指が瞬時に届く操作性のよさと、ポジション取りが広く姿勢を容易に変えられるので、長距離や登坂はドロップのほうが有利です。

ドロップは、5ミリあるいはセンチ刻みでハンドル幅が選べるので、肩幅にしっくりする幅のハンドルを選ぶべし。

そうそう、一文字ハンドルも幅が広すぎるように感じる場合はパイプカッターでつめてしまえば適当な幅に調整できます。
もち、切ったら二度と長くはならないので、つめるのは自己責任ということでね。