昨日の帰りは2回ひかれそうになった。1回目は普通に徒歩で横断歩道で。青になったので渡り始めたら信号無視の車が前髪をかすめた。そうか、歩行者は信号待ちの時って信号ばかり見てるよね。反省。青は「渡れ」は不正解「渡ることができる」って教習所で習ったっけ。(ちなみに同じ横断歩道でパトカーにひかれそうになったこともある。もちろん青信号だよ。) 2回目は自転車で普通に走行中。左から右折したそうなバイクが出てきた。しっかりこっちを見てるようなので、安心してそのまま走ってたら、ものすごい勢いで飛び出してきた。で、過去最高レベルの事故ギリギリ。そうか「自転車が来てるから急いで出ちゃえ」なんだろうな。自転車だと認識すると、遅いものと判断しちゃうんだと思われる。ヘルメットかぶったて「速そうな」格好するようになって、この手のはかなり減ったと感じているけど、それでも車を運転している時では考えられないような対応をしてくる人が多い。無理やり横断する歩行者とか。「ひかれてーのか!」って自転車で言えないしなあ。 ということで、保険に入ります。自転車だけじゃなくダイビングやパラグライダーの事故にも対応。ついでに携行品保険で自転車盗まれてもok。ダイビングでカメラやダイコン盗まれてもokかどうかは今確認してもらってるところ。