忌野清志郎の160万円の派手な自転車(オレンジ号)が盗まれ、[[そして戻ってきた:http://www.kiyoshiro.co.jp/wanted/]]らしいね。なんか東京で高級自転車の盗難が相次いでいるらしい。もっとも僕の自転車は相当安物だし、かといって「ちょっと拝借」で気軽に盗まれるタイプの自転車でもないので、あまり心配はしていない。(でも盗まれたら相当ヤダ。俺の自転車を盗む奴がいるとしたら愉快犯に違いない。) そういえば、自転車通勤2ヶ月くらい先輩であるS藤氏が最近なにやらマニアックなイタリア製ロードを発注したらしい。ライバル心というわけでもないけど、俺もハッキリ言って欲しい。しかしながら今年度は明らかに収入

コメント

2005/9/ 9 21:32 from 悟

ごぶさたー。
イタリアと聞いて思わず書き込んでます…お盆にK谷に行かなかった理由は「イタリアに呼ばれたから」なんだもの。
イタリア車ゲットのコツは、「イタリアで半年乗って、持って帰る」事なんだって!半年のれば、問題なく持って帰れるらしいけれど、理由は忘れました。とほほ。私はミーハーに、ビアンキあたりが欲しいです…ではまた!

2005/9/11 02:26 from ゆりか

どもども。
わたしは新宿のJokerで自転車買いました。ここも結構おすすめです。
我が地元志木の吉田自転車の系列なのですが。
って、おすすめ情報も11月まで封印かな?

2005/9/11 11:18 from みやまえ

新宿Jokerはすでにかなり通ってます。変なものが沢山あって楽しい。小物はJokerで買うことが多いですね。コルナゴの高価なロードが沢山並んでいて、指をくわえて見てしまいます。

2005/9/12 22:41 from 大槻昌弥

イタリア車の有名ブランドだったらコルナゴとかチネリあたりがいい感じがする。

でも、完成車よりは・・・ビルダーと差しで話を聞いて注文をするのがいい。
なんたって自転車はミリ単位で作り上げていくものだからね。

フレームの固さとかは、何台か作って乗ってみないと分からないけど、同じ引っ張り強度/同じ厚さでもクロモリとクロモリバナジュウムでは乗った感じが違う。
自転車の設計は奥が深い。

2005/9/12 22:57 from 大槻昌弥

ANCHOR のサイトって、重さを計測しているフレームサイズが統一されていない。
大きさが異なれば必要とする材料の量も違ってくるので重さ比較なんかできやしない。
ちょっとした罠である。