パナレーサーの楽々ポンプだけど、調子が悪い。エア漏れするのだ。ババババッと急いで入れて、 サッとバルブを抜くんだけど、抜くときもかなり盛大にブシュッとなるので、空気圧管理どころじゃないです。あーむかつく。なんとかしなきゃ。 頻繁に使うものだし、いいポンプ買うべ。

PC093803ということでシリカのピスタポンプ。なんか他のよりかなり高いしいいものに違いない。 でも高いのはやだなあ。ということで敬遠してたんだけど、ネット通販ではまあそれほどでもなかったので買った。なかなかいいです。 1回のポンピングで入る量が少ないぶん軽い。よってスコスコスコスコと入ります。まさに高圧タイヤ、ロード用という感じ。 ゲージもクイクイと針が進んで、ピタッと止まります。調子に乗ってどこまでも入れてしまいたくなるが、8気圧で止めておこう。

そして、ヒラメポンプヘッド。これはかなり迷ったけど、随所であまりにも絶賛されまくりのため、 どうせならとまさに鴨のように購入してしまった。確かにこれはイイ!まず手に取っただけで嬉しくなるような質感。 バルブに軽く挿してカムを倒すだけでガッチリ装着。抜くときも力いらないし、エアもほとんど漏れない。

これなら頻繁な空気圧チェックも全然苦にならない感じ。空気入れごときにどこまで気合を入れるのかという問題もあるが、 少なくとも週に1度は使うものだし、高いと言っても数千円の違いなんだからいいものを買ったほうがいいのかも。

ピスタポンプ標準のポンプヘッドは楽々ポンプに装着した。とりあえず(使いにくいが)これはこれで一応使えるようになったから、 予備機として事務所にでも置いておこうと思う。

コメント

2005/12/15 05:28 from 大槻昌弥

日本製のポンプはたいてい空気漏れして入りが悪いのは前にも指摘したけど・・・
予算がなかったすると日本製を買ってしまう傾向にあって、やっぱし我慢できないと買い換えてしまうと安物買いの何とかということになる。

シリカのフロアポンプは真鍮の金口がいいですね。
空気もしっかり入りますし。
激安シリカのフレームスケルトン・ポンプはよろしくない感じですけど、フロアポンプはそこそこいいかんじ~。
ストロークは多いようなきがしますけど押し込みが軽い感じで、ゼファールみたいにヘビーではないところがミソ。

フロアポンプもマニア的にはゼファールの2シリンダーとか押しても引いても空気が入る代物とか色々面白いものがあるんです。

2シリンダーのやつは入る量も倍なので押し込む回数が少なくてすむのですが、空気がバネになる力も倍で押すのに力が要ったりしますのよ。

ポンプはどちらかといえばゼファールのほうが強力かもしれないけど、ゼファールのフロアポンプは押し込む力が重い傾向にある。