F1010010 12/24。東京エンデューロ2時間ソロで走ってきた。フラットバー限定なので、 先日買ったロードではなく、クロスバイク君(23C+SPD化)で出場。

1周約5kmのコースを時間内に何周できるかを競うレース。今回は初レースということで、レースの雰囲気を楽しむのが目的ってことで。

走り出してしばらくすると、なんか普通に35km/h以上とか出ててちょっとびっくり。2周目走ったらもう疲れてきた。 1時間前後が一番辛かったかな。1時間半を超えたら全く平気になってきた。最後のほうになってようやく集団に入ると楽なことを知る。 集団って基本的に速いので入りにくいが、2~3人でもいいので、入ってしまえば楽。風的にも、精神的にも断然楽。 最初からこうやって走るべきだった。

最後は時間が微妙だったので、ゆっくり1周して終わろうと、小集団に付きながら周ったら意外と良い結果になってしまい、 残り時間がますます微妙。もしかして全力で走れば行けるかも。行っちゃえ。アタック!追い風では40km/hを超える感じで頑張った。 最終コーナーが見えたところで「残り30秒です!」のアナウンスが。微妙!必死!!ストレートに入ったところで20秒前のカウントダウン。 よーし、スプリントやっちゃうぞ!と意味もなくスプリントしながら10秒残してゴール。

結果は11周。全然良い成績ではないけど、頑張れた一日でした。

コメント

2005/12/25 16:45 from はせ。

きゃーー! みやまえ君カッコイイーー!!(*∀*)

2005/12/26 09:35 from 大槻昌弥

集団の後ろは、前の連中が風に対する盾になってくれるので、ほとんど無風状態で風切ることなくすすめて楽チンですね。
ただ、前の人の汗や体臭が飛んでくるわけでちょっと気持ち悪い気もしたりして(あ、冗談よ)

もちジャージ&トロフィをゲットするには、集団から抜け出し、空気の壁に風穴を開けて風と戦う必要があるわけですな。