昔、他の人のスケジュールや状況も把握していなければならなかった頃には毎日業務日誌を書いていたのだ。でもその後、書く事もないほど暇、というか頭に収まる程度の仕事量が続いたため、ここ5年くらい書いていなかった。

ここんとこ、複数の仕事をかかえている状況が続いているため、「あれ、先週僕なんて言ってましたっけ?」とかふざけた状況が増えてきた。そこで急に思い出して、業務日誌を復活させることにした。メールだけでは残らない内容を書き留めておくのだ。

頭からオーバーフローしそうな情報を外部媒体に逃がすことで、頭の残り容量に余裕ができてくる。「忘れても見りゃいい」と安心できるのだ。これでもう少し仕事こなせるようになるかな。

色んな意味で他人には絶対見せられない超極秘文書なんだけど、あとで読み返すと結構おもしろい。