C-7070の後継になるオリンパスの新しいハイエンドコンパクト水中撮影システムを待ちわびております。

欧米でSP-550 UltraZoomってのが発表されたらしい。35mm判換算28-504mm/F2.8-4.5。なにこのすごいレンズ。504mmという超望遠だけど、広角側28mmから始まるのが非常に嬉しい。レンズの明るさも僕が使ってる1眼のものより明るい。これ1つで大抵の撮影はこなせそうだ。今までのオリンパスの超望遠なコンパクト機は手ぶれ補正がなかったのでいまいち実用性にかけていた感じだが、今回は手振れ補正が付いたので期待できそうだ。バッテリーも単三電池に回帰しております。

防水プロテクタPT-037も発表。

このレンズポートらしきもののデザインは謎ですが、ワイドコンバージョンレンズを装着した状態でハウジングに入れられるようだったら、たぶん買う。ワイドからマクロまでカバーする最強システムになる可能性に期待。

コメント

2007/2/ 2 15:26 from 大槻昌弥

テレ504mm相当っていうと・・・
運動会とか・・・
オークション用に広い部屋で商業写真とか・・・
いろいろつかえそうな気がするね。

さらに1.7倍テレコンバータも用意されている。

ワイド28mm相当っていうのもかなり広角なほうだけど、もう少し広くして超広角とかほしいかもしれないっていう人もいるだろうけどワイドコンバータで対応なのかな。

しかしまぁ・・・
そもそもワイド側8mmでもって、もっと短いヤツっていう時点で穏やかじゃないような気がする。

私的な素人考えだと、もう少し大き目のCCDを使ったほうがワイド側は表現力が豊かになったり、イメージサークルも若干大きくなってレンズの設計がやり易くなるのではないかと思うのだけど、やっぱし材料代周りの予算圧縮は優先されるのかな?