Subversionのリポジトリサーバを作るついでに、いまさら初めてWebDAVを導入してみた。Apache+WebDAVはなんかめんどくさいイメージがあったけど、CentOSでmod_dav、mod_dav_fsはパッケージで導入済みだったので、まったく難しくなかった。

ロックファイルを作るディレクトリを準備。

# mkdir /var/lock/www
# chown apache:apache /var/lock/www

/etc/httpd/conf.d/dav.confとかで以下を設定。

DavLockDB /var/lock/www/DavLock
Alias /davtest "/home/miyamae/davtest"
<Location /davtest>
DAV on
</Location>

こんな感じで、Windowsから「Webフォルダ」として扱えるようになる。

続いてSubverison。Subversion自体はやはりパッケージで導入済み。

リポジトリを作成。

$ svnadmin create /home/svn/project 

mod_dav_svnを追加インストール。

# yum install mod_dav_svn 

次のような感じで設定。

<Location /svn/project>
DAV svn
SVNPath /home/svn/project
</Location>

さらにアクセス制御を追加するとこんな感じ。

<Location /svn/project>
DAV svn
SVNPath /home/svn/project
Allow from 192.168.0.0/24
Deny from ALL
Order Deny,Allow
AuthType Basic
AuthName "Authorization Realm"
AuthUserFile /home/svn/project/.htpasswd
Require valid-user
</Location>