愛車「玉虫みかんちゃん」は、文字どおり玉虫のように変化する変な塗装の自転車だ。変わった色にしようとチョイスした「イリュージョンオレンジ」。確かに珍しい塗装だから満足度は高いんだけど、微妙な面も。

小傷は消えたが、塗装が剥がれたところは諦めるしかない。こんな変な色の塗料、売ってないもんなあ。こういう時、簡単にタッチアップできる原色系カラーのほうがいい。

それにフレームの色が白とか黒みたいな無色系だったら、パーツの色をチョイスして、赤っぽい自転車にも青っぽい自転車にもすることができるけど、フレーム自体がインパクトの強い色だと、そのへん遊べないんだよね。

次に買うフレームは普通の色にしようと思います。

しかし傷が増えてくると、それはそれで愛着がわいてくるもんだ。