この20年間。昔は2年に1回。最近は3年に1回の頻度でマイPCをリプレースしていた。以前はCPUの周波数が2倍になるとあせって買っていた。という感じだったんだけど、ご存知のように近年、4GHz手前にして周波数向上は止まってしまいました。でもCPUの高性能化が止まったわけではない。性能が単純な動作クロックという数値で表せなくなり、進化具合が分かりにくくなってしまったのだ。

今最新のCPUは、僕が現在使っているCPUの周波数より小さい。だから依然俺のPC最強ー。とか思ってたら、いつのまにか3年経ってたことに気付いた。いつものパターンだと「そろそろ買い替え」時期だったんだな。

今使ってるPCはLGA775のPentium4(3.4GHz)なので、そのままCore2Duo(FSB800MHzのE4500とか)を入れて、ビデオカード(現在GF6600GT)替えればいいかな。と思ってみたんだけど、どうやらPen4時代のチップセットにCore2Duoは無理みたいな感じですね…。

現在のPCは、ソケットはLGA775。ビデオはPCI Expressと、ここまでは最新なんだけど、一方メモリは2GB積んでるけどDDRだし、HDDはUltra ATA。これだとマザーボード替えるとメモリとHDDは再利用できなさそうなので、これはもう、完全リプレースにするのが無難っぽいね。

10月の決算までに熟考してみるかね。

コメント

2007/8/17 23:15 from Zoo

せっかく変えるなら最強のCore2Extremeはいかが?
CPUだけで普通のパソコンが買えそうだけど…

2007/8/17 23:19 from みやまえ

いやー今んとこ、Core2Duo E6850に、8800GTSって方向性で考えてます。。ようするにゲーム機志向。

2007/8/18 06:16 from まさや

ふつー単純な性能といえば、

クロック数あたりに幾つ命令を処理できるかとか、(たとえばMIPS/MHzみたいな)
クロック数あたりに割り込みを幾つ処理できるかとか、
タスクスイッチを幾つ処理できるかとか、
消費電力あたりのクロック数が幾つになっているとか・・・

でしょう。

蛇足申せば・・・
高速化はBeOSの経験則から行けばCPUは8個以上並列にするべし!!ですよね。
でもどこぞの論文とかでは20個以上CPUを並列にすると早くなるらしいです。

最近の機械は廉価でもそこそこ動くので性能云々など贅沢言わなければ本体5万円以下のPCでもいいことになります。