色々悩んだけど、結局、とりあえず最初はMac対応はやめることに。Windows用にexe化して配布することを前提とします。

GUIツールキットは、面倒の少なそうかつ融通の利きそうなVisualuRuby計画(仮称)で進めてみることにします。

希望的妄想的目標↓↓

  • Ruby + SQLiteで開発。
  • ExerbかRubyScript2Exeでexe化して配布。
  • 対応OS Windows XP / Vista
  • AquaMemoryではPADIダイブテーブルによる圧力グループを表示していたが、それをやめて、ダイブプロフィールから体内窒素量グラフを出す。(ダイコン前提を強化)
  • AquaMemoryよりも管理項目を強化。
    • コンディション(潮汐、風向風速、など)
    • 色々な単位に対応(摂氏と華氏とか、barとMpaとか、色々)
    • ショップ/サービス
    • ダイバー(ガイド、バディ、メンバー管理)
    • その他
  • ダイコンのPCインタフェース対応。
    当初はハイパーアクアランドのみ対応。
    その他はプラグイン開発用のAPIを公開する。
  • 各社ログブックソフトからのインポート。
    • BitArts AquaMemory
    • Suunto Dive Manager
    • Uwatec SmartTRAK
    • Apex PCLogBook
    • CITIZEN AqualandGraph
    • その他、プラグイン開発APIを公開
  • 写真添付機能。Exifの撮影日時とダイブプロフィールをマッチングして撮影水深を表示。
  • ダメ出し機能。(浮上速度違反の警告など)
  • カスタマイズ可能な印刷フォーマット
  • カスタマイズ可能なHTML出力(←この機能は重視!Blog対応も)
  • 以下はどこまで対応するか検討中
    • ナイトロックス
    • 高地
    • 淡水