今年新調したウエットスーツは、プロ仕様のいわゆるロクハン(6.5mm両面スキン)ではないけど、ロクハンの形をしたプロっぽい5mmです。ロクハンモドキ↓

IMG_0533[2]

このタイプのウエットスーツは、一般的な5mmスーツよりも、脱ぎ着にかなりコツがいる。それでも表ジャージ裏リペル。本物のロクハンと比べたらずっと破れのリスクも少ないし、脱着し易いはずなんだけど、でも特に上を脱ぐのが苦手なんだ。

ザブザブと海に入って、「ためらうな!一気に行け!」

これ基本か。

でも、水の中で脱ごうとして、失敗して腕と首が抜けない状態でバランスを崩して転ぶと溺れてしまいそうです。それにボートなんかで、「トイレ行きたい。でもボート走ってるし、水使えない!」といった危機のときとかどうするのか。考えただけでビビっちゃいます。

ロクハンの脱ぎ方については、ここ↓が動画まで付いてて詳しい。

が、なかなかこんなにうまくいかないよなあ。

コメント

2007/9/15 00:32 from Anonymous

こんにちは。

すごい、これすごいです!
でも私のロクハンはエアストレッチなので、
両面スキンよりは着やすく脱ぎやすい......かな。