IMG_11712007年潜り納めは、大瀬崎にてイントラ2人を引き連れてガイドの練習でした。

今回はかなり久しぶりにC-5060WZ(マクロセット)を持って行ってみた。マニュアル露出&外部ストロボなカメラはデカくて重い上に操作が煩雑なるので、余裕がないと使えない。ゲストがいる時は当然無理としても、基本的にDMトレーニング中は自重してたのだ。そろそろ先頭泳ぐのもだいぶ慣れてきたので持って行ってみる。

大瀬崎に到着するとすんごい風。完全に台風並みである。外海は当然潜れる状況ではないが、湾内ですらバッチャバチャ。強風の大瀬崎は何度も経験しているけど、ここまですごいのはちょっと記憶に無い。

さてエントリー準備。…と思ったら一瞬目を離した隙にフードがなくなってる。あれー?さっき確かに出したはずなのになー。まさかどっか遠くへ飛んでっちゃったとかないよね?そもそも持ってきてなかったとか??

仕方ないのでフードなしで潜ることに。エントリーしてしばらく泳いでいくと、海底に落ちているのはフード?なんかメーカーのロゴがハゲてて見覚えがある。裏を見てみると、自分のイニシャルが書いてある。俺のじゃん!!!なんでこんなところに!!ありえねーー!!

奇跡のフードとの運命的な再会の感動にひたりつつ、気を取り直して今回の目標を探す、湾内とは思えない海流の中、今回の目標は…ピカチュウ!

PC300080

4固体を発見(自分で見つけたのは1匹だけだけど)。

結局2本ともピカチュウくらいしか見せるものがなかったけど、グループ確認、コース取り、時間配分、減圧手順などはなかなか良かったと褒められました。わーい。あまり褒めてくれない姐さんにやっと褒められたさ。

2本目上がったら、鉄製の台車が海に落ちてた。風コエー((;゚Д゚)!!!

で、その台車を救出してると、1人のダイバーがヘロヘロになって上がってきた。で、座りこんだ。と思ったら倒れこんだ。疲労ダイバーかな?と思ったら、どうも具合が悪いらしい。どうやら減圧症かエアーエンボリズム(肺の過膨張による破裂)の疑いがあるらしい。酸素吸入が必要。みんなでドライスーツを脱がせて、すぐにお店で純酸素をもらう。と思ったらさび付いてて動かない(ひどい!)。すぐに他の誰かが携帯用の酸素キットを持ってきた。と思ったら小型すぎてすぐに無くなっちゃうので、さらに別の誰かがどっかから大きい酸素を持ってきた。その後みんなでストレッチャーに乗せて、救急車が入れるところまで搬送すると、すぐに救急車とドクターヘリが飛んできた。すごい、美しい連携プレー。見事でした。僕がバリバリ手伝ったかのように書いてしまいましたが、実際に手伝ったのはストレッチャーに乗せるところくらいです。(´・ω・`) 一応自分も酸素供給の資格まで持ってるレスキューダイバーなのに、スキが無くてオロオロしてしまいました。

コメント

2007/12/31 01:59 from ミキヲ

お疲れ様でした。
その連携プレーの御蔭で軽症であるといいですね。

前にも大瀬崎でレスキューしてなかった?

2007/12/31 02:04 from みやまえ

今頃チャンバー内かと・・・、、

前回のレスキューは、大瀬崎でレスキュー講習した後の交通事故でした。(遭遇のレスキュー隊はそういえば今回と同じ3人)