ああ、これはいいね。

ホームディレクトリ下に複数のRuby(1.8.7と1.9.2とか、JRubyとか)をインストールして、コマンド一発で環境を切り替えられる。root不要でシステムを汚さずに済む。

さらにGemのセットも切り替えることもできる。

Rubyの環境を完全にコントロールできます。一般ユーザー権限で。

Rails 3になってbundlerが標準になったのでGemの切り替えはあまり必要なくなったけど、Rails 2系のアプリもスマートに共存できるのは良い。

さらに、プログラムを複数のRuby環境で連続実行させる機能もあるので複数環境をターゲットにしたTDDも簡単にできそう。

開発環境には必須になりそうです。

参考: