オフィスのほぼメインマシンとなったMac mini(Mid 2010)。時々プチフリーズするのが気になる。最小構成なので搭載メモリは2GB。メモリのせいかどうかは分からないけど、4GB積んでるMacBook Airのほうがもっさり感が少ない。Macって意外とメモリ喰いなんですよね。とりあえずメモリの値段とか調べてみると...、えー!安い!!こんなに安くなってるとは知らなかった。これは増設しないともったいない。

ということですぐに買いました。Mac miniのメモリスロットは2つ。すでに1GB×2が刺さっているので換装ということになる。でも割高なSO-DIMMでも、8GB(4GB×2枚)で7,500円程度ですよ。2GBがゴミのようだ。

Mac mini

CFD W3N1333Q-4G

で、早速換装。...がーん!認識せず。試行錯誤した結果、片方のスロットとの相性が悪いようで、相性の悪い方を1GBのままにして、もうひとつを4GBに交換したら起動した。改めてググってみると同じ症例がいくつかあるようで、事前調査不足でした。動いている人もいるようなので個体差、相性の問題でしょうか。

まあ5GBあれば実用上全く問題無いので良いことにする。1枚無駄になってしまったけど、欲しい人がいたらあげます。