Herokuは、Ruby on Railsのホスティングサービス、イマ風にゆうとPaaSです。無料の最小構成でスタートして、負荷に応じて一瞬でスケールできます。「俺が今回発明した画期的なWebサービス爆発的に流行っちゃうかも?!でも毎回場合鳴かず飛ばずなんだけどね。」そんな場合に最適ですね。

git pushするだけでデプロイ(公開)できるという恐ろしく簡単な所が特徴的です。

ユーザー登録

まずはHerokuのサイトでSign Upしておきましょう。

RailsプロジェクトをGit管理にする

Gitはインストール済みの前提で。

プロジェクトがまだGitで管理されていない場合、こうする。

% git init
Initialized empty Git repository in /path/to/app/.git/

全部コミットする。

% git add .
% git commit -m "Initial commit."
...

herokuのgemをインストールする

% gem install heroku

以降はherokuコマンドで操作できる。

なお、最初にherokuコマンドを実行した時にHerokuのアカウント情報を求められるので入力する。

Herokuにアプリケーションを登録する

% heroku create AppName
Created http://AppName.heroku.com/ | [email protected]:AppName.git
Git remote heroku added

これで、http://AppName.heroku.com/ というURLが利用できるようになり、herokuという名前でリモートリポジトリ(heroku.com:AppName.git)が使えるようになる。

デプロイする

Herokuのリモートリポジトリにpushするだけ。

% git push heroku master

データベースのマイグレーションを行う場合は次のようにする。

% heroku rake db:migrate

これは楽しい。恐ろしくお手軽にWebサービスを公開できる時代がきた。

shellには入れないので、いざという時に本番環境上でトライ&エラーという最終技が使えないことに不安に感じてしまうが、たぶん職業病。代替手段を考えれば良いと思う。