新宿オフィスへの自転車通勤経路には自転車専用レーンを備えた道路があります。

これが一見まさに「こういうのが欲しかった!」と言える理想的な自転車レーン。文句なし。まるでヨーロッパの道路のようです。


大きな地図で見る

場所は旧多摩川水道道路(環七〜山手通りあたり)。

ここは元々路肩が広くて比較的自転車が走りやすい場所でした。自転車レーンのモデルとしては悪くないですね。

試しに通勤で1回走ってみた。感想。

路面の色分けは路駐を減らすのに役立っているはずだとは思いたいけど、残念ながら路駐は少なくなくて、それほど安全とは言えない。上の標識を見てのとおり駐停車禁止ではないようだ。自動車の停車時は自転車レーンに干渉しないようになど周知させてほしい。

あと自転車レーンとは関係ないけど、この道路は信号が多くて、なぜかタイミングが悪く毎回毎回赤信号に捕まってしまい快適に走るという感じではなかった。結局慣れてる人なら甲州街道を使ったほうがいい。というか甲州街道にこのタイプの自転車レーンがあったら最高なのに。

ということでここは微妙な感じでしたが、このタイプの自転車レーンは大歓迎なので、どんどん整備してほしいところです。

コメント

2011/5/31 04:49 from 美少女まさや

東京で自転車レーンというと・・・

1.幹線道路に自転車レーンができる。
2.数週間は快適に自転車を走れせられる。
3.路上駐車がポツポツあらわれる。
4.翌週から、縦列駐車場と化する。
5.環境美化のためかどうかしらんけど、翌月あたりに自転車レーンは廃止になる。

せめて交差点で、歩道橋の下だけは自転車レーンをのこしてほしい。

最低限でも時速30キロメートルで走行できる自転車レーンであってほしい。

自転車は歩行者と分離されているべき。

だって歩道は原則徐行なので「歩行者を追い抜くことはスピード違反」の状態だもん。

PS;路上駐車による経済損失って、どのくらいなのだろうね。