機会があったら、新しい契約形態の受託開発サービスを提案していってみようと思っています。

基本的には永和さんが始めたこのサービスと同じようなものです。

従来のように納品時に開発費用全額をお支払い頂くのではなく、初期費用0円で開発して、リリース後に毎月の使用料(保守料込み)をお支払い頂くという契約形態。

もちろん、アジャイルにマッチした契約形態という利点もあるのですが、それ以前にユーザーから見て初期費用0円でシステム開発を発注できるというのは大きいのではないでしょうか。特に新規事業ではシステム開発の初期投資の捻出が年々難しくなっているようなのでニーズは少なくなさそうです。もっとも運用期間が開発費を回収できないほど短期間に終わる可能性は提供側のリスクになるわけですが、それでもユーザーと一緒にお互いの価値を生み出して行けるというところは開発者として魅力的な仕事のしかただと思えます。

色々と試行錯誤することになると思いますが、柔軟にご希望に応えて行きたいと思います。ご興味ありましたら是非お気軽にお問い合わせください。一緒に創って行きましょう。