Objective-Cを学ぶ意思ははなから無いので、他の方法でiPhoneアプリを作りたい。

最右翼はTitaniumですね。JavaScriptでコーディングできるんだけど、OSネイティブアプリを作ってくれる。実際に使ってみると非常に少ないコード量で軽快に動くアプリを作ることができます。本当に素晴らしい。

それ以外でもうひとつ最近気になるのがPhoneGap。乱暴に言ってしまえば、HTML+CSS+JavaScriptをWebViewコントロールでラップしてアプリ化する仕組み。動作はWebKit上で動くWebアプリそのものなので、ネイティブアプリ並のユーザーエクスペリエンスを実現できるのかどうかとか、ちょっと疑問はある。

しかし、WebでスマホのUIを実装する手段として最も期待されているjQuery Mobileの1.0が最近正式リリースされたこと。AdobeがPhoneGapを買収したこと。そのAdobeがモバイル版Flashの開発を終了すること。…一連の最近の動きから気になる度が急浮上してきたのが、PhoneGap。

実際のところ、Andoroidを含むハイブリッド開発を効率的にやるには、結局これ(WebViewラップ)しかないんだよね。

スマホはネットに繋がっていることを前提にすることができるので、Webアプリのスタイルのほうが理にかなっている。アプリの種類にもよるけど、必ずしもネイティブにこだわることはないと思う。普通のWebアプリ開発の手法で、Webアプリ版、iPhone版、Android版を同時に開発することができて、ストアに登録できる。これは大きなメリットだと思う。

ぼちぼちやってみます。